手造りに徹した上質の酒

奈良豊澤酒造の歴史は、明治の幕開けとともに酒卸業の創業から始まりました。
その後、酒造業にも進出し、灘、伏見、奈良などで清酒造りを行っていました。
数々の変遷を経て、現在の場所に酒蔵を移転したのは昭和初期。
この場所で、高品質のお酒をたくさんの方に飲んでいただくため、創業以来の手造りに徹した酒造りを行っています。
その魅力を5代目 豊澤孝彦社長に伺いました。

手造りへの想い

高度経済成長期、日本では普通酒が全盛の頃、「世の中が豊かになるにつれ、消費者は良い酒を望むようになるはず」と考えた4代目は、純米酒造りに力を入れることに。
そして、酒造りの機械化が進む中、量産ではなく品質向上のための機械化だけを行い、熟練の蔵人による手造りの酒造りにこだわってきました。生産する酒の8割が純米酒以上の「特定名称酒」で占められているのもその証なのです。

こだわりの麹造り

日本酒の品質を最も左右すると言われる麹。
豊澤酒造ではその麹造りを全て手作業で行っています。
微生物の力でできる日本酒。この微生物をベストな状態にするのが人の技と経験であり、日本酒の心臓部分である麹造りには、どんなに手間がかかっても、蔵人の手による仕事が欠かせないのです。

伝統を未来へつなぐ

奈良豊澤酒造は、2018年で創業150年。
これからも、高品質のお酒をたくさんの方に飲んでいただくために、酒造りには惜しみなく手をかけていきたい。同時に、お客様の声を吸収して柔軟に酒造りに生かしていくために、ファンづくりに力をいれたい。
そんな想いで、奈良豊澤酒造のファンでつくる「豊祝会」や、駅構内で日本酒を楽しむ立ち飲み処「蔵元 豊祝」など、新しいことにも取り組みながら、その伝統を未来へとつなげていくのでしょう。

奈良豊澤酒造

住所 奈良市今市町405
TEL 0742-61-7636 FAX 0742-61-7658
営業時間 8:00〜17:00(土・日・祝休み)
蔵見学 10:30〜、15:30〜  完全予約制(1人〜40人まで。10月・2月・3月のみ)、無料(お土産付)
※蔵見学は、土・日・祝も可

直営店
■蔵元豊祝 奈良店
住所 奈良県奈良市東向28 奈良近鉄ビルB1
電話 0742-26-2625
営業時間 14:00~22:00(立ち飲み時間) *12/31、1/1は休業
■蔵元豊祝 大和西大寺店
住所 奈良県奈良市西大寺国見町1-1-1 近鉄大和西大寺駅コンコース
電話 0742-36-0305
営業時間 11:30~14:00(ランチ営業) 16:00~22:00(立ち飲み時間) *年中無休
■蔵元豊祝 なんば店
住所 大阪府大阪市中央区難波4丁目1-17 近鉄大阪難波駅構内 Time’s Place 難波
電話 06-6211-2155
営業時間 14:00~22:00 *12/31、1/1は休業
http://shop.nara-toyosawa.jp/
http://www.nara-toyosawa.jp/sp/

※このホームページは多言語で発信をしておりますが、海外の方にも分かりやすいように一部内容を変更し翻訳をしています。