粟ならまち店

近鉄奈良駅から商店街を南へ抜けてならまちへ向かうと10分ほどで到着する「粟ならまち店」。
築140年の古い町家を改修したこの店は、古き良き街並みに馴染み、隠れ家のような落ち着きがあります。
格子戸の玄関をくぐると長い土間が奥まで続き、ならまちの昔の暮らしをしのばせてくれます。
店長 新子大輔(あたらしだいすけ)さんに、奈良の食材の魅力について伺いました。 

大和野菜の魅力

奈良には、農家さんが家族のために育て、その土地の食文化とともに代々種を継ぎながら継承してきた伝統野菜があります。
粟ならまち店では、この大和の野菜を知っていただき、その素朴な美味しさを楽しんでいただくために、たくさんのおもてなしを用意しています。
店内のいたるところにディスプレイされた個性ある野菜たち、目で見て楽しい色鮮やかな盛り付け、スタッフが心を込めて説明する一つ一つの野菜の話など。店で出すほとんどの野菜をスタッフが自家栽培しているからこそ、その魅力をお客様にリアルに伝えることができるのです。

奈良の食材を伝える

奈良市の中心市街地であり観光地でもあるならまちの店として、「奈良の食材を広く紹介したい」と、メインの大和野菜に、大和牛や奈良の日本酒など、季節ごとの奈良のおいしいものを加えて提供しています。
※下写真は、「粟 大和牛と野菜のディナーコース」。
季節のデザートは酒粕のムース&いちご古都華(季節によって内容が変わります。)、振る舞われるお茶は大和茶。お好みで奈良の日本酒と合わせて…。

奈良のおいしいものの未来

古くから奈良の土地に根付いてきた大和野菜と同じように、大和牛や奈良の日本酒、大和茶、いちご古都華など、どれもが奈良の風土に培われた「奈良のおいしいもの」。
これからも、生産地とお客様の橋渡し役として、生産する人の顔が見える「奈良のおいしいもの」をお客様に伝えていくことでしょう。

粟ならまち店

住所:奈良市勝南院町1番地
電話番号:0742-24-5699(10:00~21:00)
営業時間:11:30~15:00 (最終入店13:30、L.O.14:00)
     17:30~22:00 (最終入店20:00、L.O.21:00)
     ※いずれの時間帯も要予約
定休日:火曜日 
https://www.kiyosumi.jp/naramachiten

※このホームページは多言語で発信をしておりますが、海外の方にも分かりやすいように一部内容を変更し翻訳をしています。